新型コロナウイルスにマスクは不要!?WHOが発表!パンデミックとは?

新型コロナウイルスの勢いが止まらない状況の中で、
世界保健機関のWHOがえっ!?って思ってしまうことを発表しましたね。

そして、最近よく耳にする「パンデミック」
パンデミックとは何なんでしょうか?

スポンサードリンク

WHOが新型コロナ感染予防にマスク着用不要!?

先日、WHOが「新型コロナ感染予防にマスク着用不要」と発表

各地でマスクが不足する中、
世界保健機関(WHO)からの呼びかけがありました。

世界保健機関(WHO)
せきやくしゃみといった症状がない人は予防目的で学校や駅、商業施設など公共の場でマスクを着用する必要はないとして、供給不足に拍車を掛けないためにも過度の使用を控えるよう呼び掛けた。

「マスクをしていないからといって、感染の可能性が必ずしも上がるわけではない」と強調。

出典:感染予防にマスク着用不要 過度の使用控えてとWHO:共同通信3/1Y!

そうは言ってもやっぱり不安を感じる人もいますよね。
なかには
全く信用できないという人もいると思います。

WHOは中国に忖度しているのではないかという話もあるようですが・・・

ネット上では色んな波紋が広がっています。

WHOのマスク不要説にネットの声は?

ヤフーのコメントには
「マスクは基本的に予防効果はないらしい」
「インフルエンザに関してはマスクをした方が罹患率が上がったというデータもあります」
というコメントもあります。

ですが、コメントのほとんどが否定的なコメントです。

「絶対に有効だよ」

「万が一に備えてマスクを手放すことはできない」

「WHOはどこかの回し者」

「WHOは場当たり的でいいかげん」

「WHOはバカか?」

「しないよりした方が良いに決まってる」

「WHOがこれを言ってはダメ」

「マスクはあった方がいい」

「WHOは新型ウイルスを拡散させることが目的」

「マスクを着用することは最低限のマナー」

「マスクをしないように呼びかける意味がわかない」

「WHOの言う事を信用して従ったら危ない」

「ブレブレのWHOのことを信用してない」

「明らかに嘘だ。マスク不足を誤魔化すためだろう」

「もう誰も信じられない」

何を信じれば良いのか?
何を疑えばよいのか?

個人個人が判断するしかないのですかね?
確かに、マスクをしても感染してしまう事はあります。

本来マスクは咳やくしゃみなどを巻き散らさない為のエチケットとして使われるものなので、
WHOの発表は間違いではないと思いますが、知識のない私たちにしたら不安になってしまいますよね。

マスクの効果を詳しく紹介されていたものがありましたので、
掲載させて頂きますね。

自治医科大のサイトでも紹介されている内容です。
https://www.jichi.ac.jp/center/sinryoka/kansen/taisaku_04.html

マスクの効果と正しい使用方法

マスクが最も効果を発揮するのは咳やくしゃみのある人がマスクをつけた場合です。風邪やインフルエンザ患者は1回の咳で約10万個、1回のくしゃみで約200万個のウイルスを放出すると言われています。そこで、患者がマスクをつけることでこれらを含んだしぶきによる周囲の汚染を減少させることができるのです。
風邪やインフルエンザに罹らないためにマスクをつけてもその効果は限定的とされています。なぜなら、顔とマスクとの間に隙間がありウイルスを含んだ飛沫の吸入を100%防ぐことはできません。また、ウイルス自体の粒子径は0.1~0.2μmですが、咳やくしゃみではウイルスに水分やほこりが付着し粒子径は5μm以上とやや大きくなるためすぐに短い距離に落下し、空間をただようことはないからです。更に、環境や衣類に付着したウイルスが手によって呼吸器に運ばれ感染する場合もありマスクだけで風邪やインフルエンザのウイルスを確実に遮断することはできません。ただし、風邪やインフルエンザ患者の近くで看病するなど咳やくしゃみのしぶきを直接あびる可能性がある場合には予防効果があると考えられます。

確かにこちらに記載されている内容を読むと、
マスクをしていれば防げるものではないことがわかりますね。

個人的な考えになりますが、
マスクで防ぐなら、工場や建築現場等で実際に使用される
防塵マスク位のものでないと意味がないような気がします。

いつの間にか私たちは
マスク本来の意味を見失いつつあるのかもしれませんね。
とはいえ、無いよりはした方が安心という気持ちもわかる気がします。

 

コロナウイルスとは?症状と潜伏期間と簡単にできる予防方法

スポンサードリンク

新型コロナウイルスが感染しやすい環境、どのように移るのか?

マスクがどうのこうの前に知っておきたいのが、
感染しやすい場所、環境ではないでしょうか?

どのような場所、環境に注意すればよいのかをまとめてみました。

換気が悪い人が密集する空間

専門家の調べではスポーツジムや屋形船などで小規模な患者の集団(クラスター)が発生し、1人が12人に感染させた例があると言っています。

集団感染が起こった場所や状況

・スポーツジム

・屋形船

・ビュッフェスタイルの会食

・雀荘(じゃんそう)

・スキーのゲストハウス

・密閉された仮設テント

集団感染の共通点

・換気が悪い

・人が密に集まって過ごすような空間

・不特定多数が接触するおそれが高い場所

確かに、屋内というのは感染しやすい環境と言えますね。
となると、屋外ならその可能性が低いという事にもなりますね。

卒業式とか中止のところが多いですが、屋外でやればどうなの?
って考えてしまいます。

卒業生にしてみたら思い出になる行事だけに残念ですね。

どう感染するのか?

新型コロナウイルスは、感染者のせきやくしゃみのしぶきを吸い込む飛沫(ひまつ)感染や、ウイルスが付いた手で口や鼻を触ることによる接触感染でうつります。
潜伏期間がインフルエンザの1~3日に対して1~14日ほどと長く、
発症前でも感染を広げる恐れがあります。

しかも、厄介なのが、
発症後もしばらくは症状がかぜと同じで気づきにくいところにあります。

本人が気づかないまま感染を拡大させる事態が懸念されています。

中国での事例ですが、
湖北省のある女性が南京市で家族と会食し、
結果的に10人に感染を広げた事例が報告されています。

関連記事⇨新型コロナウイルス感染者世界で2万600人超!日本人は23名!発生原因と感染経路

スポンサードリンク

新型コロナウイルスがパンデミックに!?

新型コロナウイルスがパンデミックになる可能性がある!
パンデミックになるのは時間の問題だ!
などと聞くようになりましたが、
パンデミックとは何でしょうか?

パンデミックとは?

パンデミック(pandemic)は世界流行という意味があり、
ある感染症(特に伝染病)が、
顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した
世界的な感染の流行を表す用語とされています。

語源はギリシア語のパンデミアであり、panは全て+ demosは人々を意味します。

パンデミックは3段階評価の最上級

実はパンデミックとは3段階に分類されているんです。
疾患、特に感染症の流行は、その規模に応じて3つの呼び名があります。

(1)エンデミック
エンデミック(endemic)/地域流行

特定の人々や特定の地域において、
「regularly (ある程度の割合、ポツポツと)」見られる状態。
地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少なく、拡大のスピードも比較的遅い状態。
「流行」以前の段階。
風土病もエンデミックの一種に当たる。

(2)エピデミック
エピデミック(epidemic)/流行

特定のコミュニティ内で、特定の一時期、感染症が広がること[11]。特に突発的に規模が拡大し集団で発生することをアウトブレイクと呼ぶ。

(3)パンデミック
パンデミック(pandemic)/汎発流行

さらに流行の規模が大きくなり、国中や世界中で、感染症が流行すること。
最も規模が大きいものがパンデミックである。

過去のパンデミックには何があった?

今回の新型コロナウイルスもパンデミックと言えるほどの大流行をしていますが、

過去にはどんな感染病があったのでしょうか?

 

ペスト(黒死病)

14世紀には黒死病(ペスト)がヨーロッパで大流行。
このときの流行では当時のヨーロッパ総人口の約3分の1にあたる、
およそ2500万人から3000万人もの死者を出したとされる。

 

天然痘

16世紀にはコロンブス交換によってもたらされた天然痘が南北アメリカ大陸で猛威をふるい、天然痘の免疫を持たなかった先住民の人口は約10分の1にまで減少した。

 

コレラ

19世紀から20世紀にかけてコレラが、地域を変えつつ7回の大流行を起こした。

 

スペインかぜ(インフルエンザ)

1918年から1919年にかけてスペインかぜ(インフルエンザ)が全世界で流行。
死亡者は約5000万人から1億人にものぼった。
時期は第一次世界大戦の末期にあたり、総力戦体制のもと全世界的に軍隊や労働者の移動が活発となったことが被害を大きなものとした。
流行は鉄道や河川といった輸送ルートを通って海岸部の港湾都市から奥地へと広がっていった。

 

後天性免疫不全症候群

1980年代以降、後天性免疫不全症候群の患者が全世界で増大したが、なかでももっとも感染の激しかったブラックアフリカでは全人口の30%以上が感染した国家まで存在し、平均寿命の大幅な減少がいくつかの国家で見られた。

 

SARS

2002年11月1日~2003年8月7日にはSARSが世界各地で流行。
香港を中心に8,096人が感染し、37ヶ国で774人が死亡した。

SARSと比べると数字は新型コロナウイルスが上回っています。
これはパンデミックとなっていると言えるでしょうね。

正確にはWHOの発表によって決まることになりますが、
一日も早くこの新型コロナウイルスが終息することを願っています。

関連記事⇨自宅で楽しく過ごす方法!