コロナウイルス(COVID-19)外出自粛!発生から現在までの時系列

気が付けばパンデミックが発動されて、世界的な規模で
感染が進んでいる新型コロナウイルス!

今となっては感染予防を徹底し、一日でも早く
特効薬ができることを願うばかりですが、

そもそも始まりは?
コロナウイルスのここまでの流れ、時系列を遡ってみたいと思います。

スポンサードリンク

コロナウイルスの時系列、始まりは12月

2019年12月31日
武漢で原因不明の肺炎を確認

中国の武漢市内で原因不明の肺炎が広がっていると、
世界保健機関(WHO)が中国当局から報告を受ける。

 

2020年 1月7日
新型のコロナウイルスと判明

武漢市の肺炎患者から、
中国当局が新型コロナウイルスを検出した。

 

2020年1月12日
中国で初の死者を確認

新型コロナウイルスで初の死亡者が確認された。
WHOは、新型コロナウイルスに
武漢市内で41人が感染し、そのうち1人が亡くなったと発表。
ほとんどの症例は、1月1日に閉鎖した
武漢市内の海鮮市場「華南海鮮卸市場」の
従業員や来訪者だった。

 

2020年1月13日
中国以外で初の感染確認

武漢市からタイを訪れた中国人の女性から、
新型コロナウイルスを検出。
中国以外では初の感染確認。

 

2020年1月16日
日本国内初の感染確認

武漢市から帰国した神奈川県の30代中国人男性から、
新型コロナウイルスを検出。
国内では初の感染確認。

 

2020年1月20日
ヒトからヒトへの感染が判明

中国政府の専門家グループ長は20日、ヒトからヒトへの感染が認められ
ると明らかにした。

 

2020年1月23日
中国政府が武漢を封鎖

武漢市は新型コロナウイルスの市外への感染拡大を防止するため、
交通機関の運行を停止した。
事実上、武漢を封鎖する措置が始まった。

 

2020年1月27日
中国人の団体ツアー旅行が禁止に!

中国の旅行会社を統括する中国旅行社協会は、
中国政府の要求に基づき、
国外旅行を含む全ての団体ツアー旅行を
1月27日から一時禁止とすることを決めた。

 

2020年1月28日
日本人の感染者を初確認

厚労省は会見で、日本人の新型コロナウイルス感染者が初めて確認されたことを明
らかにした。
感染したのは奈良県在住の60代男性。
武漢市から来たツアー客を乗せ
たバスの運転手だった。

 

2020年1月29日
武漢からのチャーター機第1便

武漢市にいる日本人を帰国させる目的で、
日本政府が派遣した民間チャーター機の
第1便が羽田空港に到着した。
206人が帰国した。
翌30日に第1便の帰国者のうち3
人に感染が確認された。

 

2020年1月31日
WHOが緊急事態宣言

 

2020年2月1日
新型コロナウイルスが、日本で「指定感染症」に

日本政府は、
新型コロナウイルスによる肺炎などを感染症法の
「指定感染症」と検疫法上の「検疫感染症」とする政令を施行。
検査・入院に強制力を持たせたほか、
中国湖北省からの外国人を入国拒否の措置をとった。

 

2020年2月5日
ダイヤモンド・プリンセス号で
集団感染が判明

横浜港に停泊していた豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の
乗員乗客10人に、新型コロナウイルスの感染が確認された。
厚労省は乗員乗客に14日間程度、船内に
待機してもらう方針を示す。

 

2020年2月8日
武漢在住の日本人が死亡

中国政府は武漢市で新型コロナウイルスに感染して死亡した外国人2人について、
うち1人は8日に亡くなった日本人だと発表した。
新型コロナウイルスに感染した日
本人の死者は初めて。

スポンサードリンク

コロナウイルスの病名がCOVID-19と決まる!

2020年2月11日
病名を「COVID-19」と命名

WHOは新型コロナウイルスによる肺炎などの疾患について
「COVID-19(コービッド・ナインティーン)」と名付けたと発表した。
「COVID-19」という名称は、「CoronaVirus Disease, 2019」
(2019年にコロナウイルスにより発生した病気)を意味する。

 

よく読まれている記事

コロナウイルスの症状と潜伏期間と簡単にできる予防方法

 

2020年2月13日
国内初の死者

新型コロナウイルスに感染していた神奈川県在住の80代女性が死亡。国内初の死亡
者となった。中国との明確な接点はなく、国内での市中感染が懸念される事態に
なった。

 

2020年2月17日
受診目安を示す

政府の専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は
医療機関の受診の目安をまとめた。
発熱など風邪の症状が4日以上続く場合は、
各地の保健所に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に相談し、
センターが指定する医療機関で受診するよう求めている。

目安によると、発熱など風邪の症状があればまずは学校や会社を休み、
外出を控えるように求めた。
そのうえで、風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続く時は、
相談センターに相談する。
強いだるさや息苦しさがある時はすぐに相談する。

 

2020年2月17日
政府のチャーター機第5便、羽田に到着

帰国を希望する湖北省在留の日本人と中国籍の配偶者ら計65人を
乗せた日本政府のチャーター機第5便が17日午前、
羽田空港に到着した。第5便を含め、
チャーター機での帰国者は計828人になった。
政府は今回の派遣で、帰国支援を一区切りとする方針。

 

2020年2月18日
WHO「8割は軽症、致死率2%」発表

WHOのテドロス・アダノム事務局長は
今回のコロナウイルスによる肺炎について、
「重症急性呼吸器症候群(SARS)や
中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではないようだ」と指摘。

80%以上の患者は軽い病状で回復しており、
肺炎や呼吸困難など重症になるのは14%程度、
呼吸器不全、敗血症性ショック、多臓器不全などで重篤になるのは5%程度、
致死率は2%とした。

 

2020年2月19日
クルーズ船で下船開始

新型コロナウイルスの集団感染が起きた
大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で、
ウイルス検査で感染が確認されず、
症状のない乗客の下船が19日始まった。
初日は検査が早かった高齢者を中心に443人が帰途についた。

 

2020年2月22日
クルーズ船の「陰性」客、
下船後に陽性確認

栃木県は県南在住の60代の無職女性1人が
新型コロナウイルスに感染したと発表。

女性はダイヤモンド・プリンセス号に乗船し、
PCR検査で陰性だったため、19日に下船して自宅に戻っていた。

陰性と診断されて下船した乗客の感染が
確認されたのは国内で初めて。

また新型コロナウイルスについて、
国内では22日(午後10時現在)、新たに26人の感染が確認された。
東京都によると、都内の介護老人保健施設に勤務する60代男性の感染がわかった。

男性は施設の利用者を送迎する運転手。
介護に関わってはいないというが、保健所は施設に対し、
消毒作業をするよう指示したという。

千葉市では、市立中学校の60代女性教諭が感染したことがわかった。
市教委は勤務していた学校を連休明けの25、26日、
臨時休校にすると決めた。北海道では広い範囲で計9人の感染がわかった。

 

2020年2月27日
全国の小中高校に臨時休校を要請

安倍晋三首相は27日、
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、
全国すべての小中高校と特別支援学校について、
3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請した。
法的根拠はないが、感染者の増加を踏まえ要請に踏み切った。

首相は26日にスポーツ・文化イベントの
今後2週間の開催自粛を要請したばかり。

その翌日に、より多くの国民の日常生活に関わる前代未聞の
要請が出されることになった。

 

2020年2月28日
北海道知事が「緊急事態宣言」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて
北海道の鈴木直道知事は28日、緊急事態宣言を発令し、
「感染拡大防止のため、この週末は外出を控えて」と道民に呼びかけた。

道内の感染者は28日夕現在66人。
鈴木知事は「状況はより深刻さを増している。
早期の収束、そして皆さんご自身と大切な人の命と健康を守るため、協力をお
願いしたい」とした。

 

2020年2月28日
WHO、危険度を最高レベルに引き上げ

WHOは、COVID-19が世界的に大流行する危険度を、
最高レベルの「非常に高い」に引き上げた

 

2020年3月2日

全世界に拡大

中国を発生源とする新型コロナウイルスが
世界各地に急速に広がっている。

情報によると、
中国以外の67カ国・地域で感染が確認され、
中国を含む世界全体の感染者数は8万8000人を超えた。
新型ウイルスによる感染症「COVID-19」が
引き起こす肺炎のような症状などで、
世界全体で3000人以上が死亡。

 

2020年3月4日
心臓、肝臓、脳にも異常

中国が病理診断
中国の国家衛生健康委員会は、
新型コロナウイルスの感染者では肺のほか脾臓などのリンパ系器官、
心臓や肝臓、腎臓、脳組織などにも異常が見られたとする病理診断の結果を発表。

肺では肺胞内の気体が減少・消失する現象が様々な程度で起こり、
肺組織の出血や壊死も見られた。

またリンパ系臓器の脾臓の顕著な収縮や
リンパ節細胞の壊死も確認された。

このほか心筋細胞の壊死や肝臓の肥大、腎臓の異常、
脳細胞の充血・水泡もみられたという。

 

2020年3月7日
山梨県内の20代男性
髄膜炎で重症

感染が確認されたのは県内に住む20代の会社員の男性。
山梨県内での感染は2人目で、
男性は髄膜炎を発症し意識障害有り。

男性は2月27日、38度5分の発熱があり翌日と3月2日に頭痛やだるさを訴え県内の2つの医療機関を受診。
男性は発症後職場に出勤しておらず、
6日、心配した家族などが自宅を訪ねたところ
倒れていたため救急搬送された。

男性が入院している山梨大学医学部附属病院は
男性が運ばれてきた際、意識障害と
発熱、首の硬直など、髄膜炎の症状が出ていたと明らかにした。

その上、肺炎の疑いもあったことから
脳の髄液のPCR検査を行ったところ、
新型コロナウイルスの
陽性反応が確認されました。
髄液検査で陽性が判明したのは国内で初めて。

 

2020年3月7日
横浜の70代男性が発症後ジム利用
濃厚接触は1406人

横浜市は7日、
新型コロナウイルスへの感染が
5日に確認された市内に住む70代の無職男性について、
発症後に計5日間通ったスポーツジムを
同じ日に利用した人は少なくとも計1406人だったと発表した。

男性が利用した時間帯だけでなく、
この5日間で利用した全員を濃厚接触者とした。

市によると、男性は発症後、2月25~27日、29日、3月1日に同市港北区の
商業施設「トレッサ横浜」内のスポーツジム「セントラルウェルネスクラブトレッ
サ(大倉山)」を利用した。
ジムは現在休業している。

 

2020年3月11日
日本国内の現状
1278名感染、そのうち、49名が重症、
19人の感染死亡を確認

 

スポンサードリンク

遂に芸能界に!新型コロナウイルス感染者!

2020年3月17日
芸能人である志村けん氏が発症

所属事務所によると、3月17日に発症。
呼吸障害や全身の倦怠感を訴え、東京・港区の病院に搬送され、
23日に陽性反応が出た。
翌24日には人工心肺装置が必要と判断され、
新宿区の病院に転院。現在もICU(集中治療室)で闘病を続けています。

感染経路は不明となっていますが、
芸能関係に詳しいに人の話では

「新型コロナの影響で飲食店は閑古鳥が鳴いている。
志村さんの元にも多くの人から“ヘルプメール”が来ていたそうです。
そういう人のためにお金を使うのが志村さん。
ここ最近はコロナウイルスの影響で経営が苦しい馴染みの店をはしごで回って、
ハイペースでお金を落としていたそうです

志村さんの人柄が出ていますね。
もしかしたらこれらの影響があったのかもしれませんね。

 

2020年3月29日現在

感染者数国内国外の数字は

年齢が上がるほど致死率も上がり
国内の感染者もまだまだ増加する予測です
個人でできる対策をしっかり行いましょう

 

関連記事

コロナウイルスがパンデミックに!すぐにできるウイルス対策とグッズは?