新型コロナウイルス感染症による感染が止まらない。

そんな中、江戸川区医師会と江戸川区は4月22日、
ドライブスルー方式でPCR検査ができる施設を開設。

では、ドライブスルーPCR検査は江戸川のどこで受けられるのでしょうか?
また、料金や手続きはどうしたら良いのでしょうか?

スポンサードリンク

ドライブスルーPCR検査は江戸川のどこ?

ドライブスルーPCR検査は江戸川区のどこで受けられるのでしょうか?

その場所は葛西臨海公園内にある区立の宿泊施設
「ホテルシーサイド江戸川(臨海町6丁目)」となっています。

ホテルシーサイド江戸川は
軽症者用の療養施設としても4月22日から開設されています。

水曜と木曜の週2回、午後1時半から3時まで

公立の宿泊施設を療養者の専用施設として
利用するのは全国でも珍しい取り組みとなっています。

検査の結果陽性だったら?

感染が発覚した場合は、
移送用の車両が用意されています。

飛沫感染を防止するために運転席と後部座席を遮断する仕様を施した公用車を2台用意。

ちなみに、
江戸川区の人口695,800人に対し、
江戸川区の感染者数は

4月25日現在
感染者数は 101人
死者数は 3人となっています。

スポンサードリンク

ドライブスルーPCR検査の流れ手!続きや所要時間は?

ドライブスルーPCR検査を受診できるのは
医師に紹介された方のみとなっています。

検査の流れは、
かかりつけ医が区民からの電話を受け、
各診療所でPCR検査が必要と判断した場合、
江戸川区PCR検査センターに連絡。

検査は地域の開業医らが交代で担います。
疑いのある方は江戸川区PCR検査センターに自家用車などを使って出向き、
駐車場で待機。

防護服を身に着けた医師が乗車したままの患者を検査します。

検査の結果、
陽性となった場合は区医師会が保健所とかかりつけ医に報告。

保健所は、重症者については病院に入院、
軽症者はホテルや自宅などへ患者を振り分け、
かかりつけ医は軽症者の健康観察にあたります。

江戸川区PCR検査センターは週2日から始め、
1日あたり約10~20件の検査を実施することになっています。

詳しくは東京都新型コロナ受診相談窓口に
お問い合わせすることをおススメしたます。

電話:03-5320-4592
平日:午後5時~翌午前9時
土曜・日曜・祝日・休日:終日

スポンサードリンク

ドライブスルーPCR検査の料金は?

保険適用とされていますので、
今は自己負担はありません。

そして
ドライブスルーPCR検査だからといって、
特別にかかるかかることもありません。

かかりつけ医が区民からの電話を受け、
各診療所でPCR検査が必要と判断した場合のみ
受けられるようになっています。

なので、ドライブスルーPCR検査をしたから、
そこでお金を払うという事はないようです。

PCR検査費用の内訳は

検査 1 回当たり 18,000 円
(検体の検査実施機関への搬送を伴わない場合は 13,500円)
とされ、これに検査判断料 1,500 円が加わります。

当該検査費用の自己負担分(3割)は
基本的に検査結果に関わらず公費扱いとなり、
残り(7割)は健康保険負担となります。

患者の費用負担は発生しない形となります。