ドラマ「M」安斉かれんもハマっている「あつ森」とは?

今話題のドラマ「M」
「M 愛すべき人がいて」は
浜崎あゆみさんのデビュー秘話と大恋愛を描いているドラマ。
主人公のアユ役を演じる安斉かれんさんが
今ハマっているゲーム「あつ森」って?

スポンサードリンク

「あつ森」ってどんなゲーム?

任天堂のスイッチ(Nintendo Switch)のゲーム
「あつまれどうぶつの森」が凄く売れて品薄状態になっています。

自粛ムードを受けている中で発売された「あつまれ どうぶつの森」は、
元から人気のあったシリーズですが、新作ということもあり、
さらに人気を集め、老若男女、芸能界でも流行っている状況です。

癒しのゲームとも言われる「あつ森」
「何もないから、なんでもできる」というキャッチコピー

これまでのどうぶつの森シリーズでは「村」が主な舞台。
新作ではシリーズ初の「無人島」 を舞台となっています。

プレイヤーは、
商店や不動産業を営んでいた「たぬきち」が新たに始めた事業「たぬき開発」による「無人島移住パッケージプラン」に参加し、

手つかずの島で2匹のどうぶつと共に一から生活をはじめることになる。

島で手に入れた素材で新たなアイテムを作成するシステム「DIY」など
様々な新要素が追加されている。

また、おすそわけプレイによってシリーズ初となる同じ島に住むプレイヤーの同時プレイに対応している(最大4人まで)。

この同時プレイが自粛ムードにマッチしたこともあり、
さらに人気を集めているようです。

2020年1月1日にテレビCMが公開され、新キャラクター等が登場することもあり、
2020年4月現在、販売本数は360万本を突破し、
Switchゲームとしては歴代1位の初週販売本数になりました。

世界全体における発売後1ヶ月間でのダウンロード版販売数は500万本を超え、単月におけるデジタルゲームでの販売としては今まで記録していたコール オブ デューティ ブラックオプス4の販売数を上回り、史上最多を記録しています。

ちなみに安斉かれんさんは島のレベルが3の「島クリエイター」だそうです。

Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット