「BG~身辺警護人~」シーズン2、木村拓哉主演ドラマの放送始まる!?歴代視聴率が凄い!

緊急事態宣言が発表されて4月期のドラマが
放送延期となっていましたが、
遂に、撮影再開が決まったようです。

そして、最も注目を浴びている
木村拓哉さん主演のドラマも撮影が再開するとのことです。

では、「BG~身辺警護人~」はいつ始まるのでしょうか?

スポンサードリンク

「BG~身辺警護人~」はいつから始まる?

緊急事態宣言が延長になりましたが、
民放各局は「期限が6月までずれ込むことはない」との見方を強めていて、
6月初旬に撮影を再開する方向で準備を始めているようです。

このことから放送開始日の調整も始まりました。

テレビ朝日系で放送される木村拓哉主演の「BG~身辺警護人~」は
緊急事態宣言が発令されて撮影がストップするまでに、数話分の収録を済ませており、
局の人の話では6~8月の放送時期で調整していることがわかりました。

梅雨時の放送開始とは異例なことですよね。
梅雨時は家にいがちになる時期ですからちょうど良いのかもしれませんね。

テレビ朝日の見逃し配信は
⇨テレ朝キャッチアップ

 

スポンサードリンク

BGシーズン1、前回までのあらすじは?

「BG~身辺警護人~」シーズン1は全9話!
あれっシーズン1ってどんな内容だったっけ!?

という事で!!
シーズン2が来る前にシーズン1のあらすじをもう一度!

 

第1話のあらすじ

極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を章はただ見送るのだった。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿もあり…。

 

第2話のあらすじ

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。

 

第3話のあらすじ

深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。
急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

 

第4話のあらすじ

日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)から「非常に重要かつ極秘の依頼が入った」と、村田(上川隆也)とともにある場所に呼ばれた章(木村拓哉)。ふたりはそこで、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から個人的な身辺警護の依頼を受ける。秘密裡に対立する派閥の長と会談を持つため、警視庁SPには知られることなく外出したい、と話す愛子。人間ドックに入る病院から抜け出し3時間以内に目的を果たして戻る…という非常に難しいミッションを受けることになり…!

 

第5話のあらすじ

日ノ出警備保障の身辺警護課に新しい依頼が舞い込む。「子どもたちにスポーツの喜びを」をテーマに活動するスポーツ系の慈善団体からの依頼に、高梨(斎藤工)はある思惑を持って章(木村拓哉)を“BG=警護責任者”に推薦。だが、その慈善団体の代表は、章と6年前から因縁のある元サッカー選手の河野純也(満島真之介)だった。章は、BGに沢口(間宮祥太朗)を推す。
ところが打ち合わせ当日、依頼主である純也が、章をBGに指名。困惑する章に村田(上川隆也)は「断っても構わない」と諭すが、章は「この任務が終わったら、みんなにすべてを話す」と約束し、純也からの依頼を引き受ける。

 

第6話のあらすじ

日ノ出警備保障に元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼が入る。通常、総理大臣経験者には警視庁のSPが警護につくものだが、政府の決定でSP警護は終了に。しかし自宅に再三、無言電話がかかってくることもあり、鮫島は民間の警備会社に警護依頼をしたのだった。
村田(上川隆也)とともに鮫島の警護にあたることになった章(木村拓哉)は、鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見する。総理在任中に恨みを抱いた者たちからの報復だろう、と話す鮫島。同時に、章は鮫島を監視する視線を感じ…?

 

第7話のあらすじ

6年前に別れた妻・小田切仁美(山口智子)から「わたしを護って」と依頼された章(木村拓哉)。元妻を警護するということに躊躇いと気まずさを感じ、一旦は村田(上川隆也)とまゆ(菜々緒)にBGを任せるものの、高梨(斎藤工)から「怖がっている女を護れないで、なにがプロですか」と焚き付けられ、みずからが引き受けることを決意する。

 

第8話のあらすじ

厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の会食の場で起きた発砲事件により、撃たれた村田(上川隆也)。五十嵐が犯人を挑発したことにより起きた事件ではあるが…世論は、「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」と否定的な目を向け、現場にいた愛子や五十嵐、そして警視庁のSPたちも、みずからの保身のために真実を語ろうとはしなかった。

最終話のあらすじ

発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。
「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く章(木村拓哉)ら。しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

 

木村拓哉の武士姿が話題となった映画「武士の一分」
⇨映画の最新作品から名作まで充実のラインナップ!U-NEXT

今なら無料で視聴できる
⇨U-NEXT 31日間無料トライアル

 

スポンサードリンク

木村拓哉主演ドラマの過去の視聴率が凄い!?

木村拓哉主演のドラマ視聴率が凄い!

どれだけすごいのか?
木村拓哉さん主演の歴代ドラマの平均視聴率をランキングにまとめてみました。

ドラマ主演デビューは
1991年9月9日 中居正広、稲垣吾郎、森且行、草彅剛、香取慎吾とともに、
男性アイドルグループSMAPのメンバーとしてデビューしてから4年後のことです。

1995年10月から放送された「人生は上々だ」から始まり2020年6月から撮影再開される
BG~身辺警護人~シーズン2を含めその数27作。

木村拓哉 歴代ドラマ 平均視聴率ランキング

第1位 「HERO」
34.3%(01年フジテレビ系)

第2位 「ビューティフルライフ」
32.3%(00年TBS系)

第3位 「ラブジェネレーション」
30.8%(97年フジテレビ系)

第4位 「GOOD LUCK!」
30・6%(03年TBS系)

第5位 「ロングバケーション」
29.6%(96年フジテレビ系)

第6位 「あすなろ白書」
26.78%(93年フジテレビ系)

第7位 「眠れる森」
25.13%(98年フジテレビ系)

第8位 「プライド」
24.90%(04年フジテレビ系)

第9位 「協奏曲」
23.87%(96年TBS系)

第10位「華麗なる一族」
23.75%(07年フジテレビ系)

第11位「エンジン」
22・41%(05年フジテレビ系)

第12位「空から降る一億の星」
22・23%(02年フジテレビ系)

第13位「CHANGE」
21・72%(08年フジテレビ系)

第14位「HERO2014」
20.97%(14年フジテレビ系)

第15位「人生は上々だ」
20.1%(95年TBS系)

第16位「MR.BRAIN」
20.06%(09年TBS系)

第17位「ギフト」
17.85%(97年フジテレビ系)

第18位「PRICELESS「~あるわけねぇだろ、んなもん!~」
17.65%(12年フジテレビ系)

第19位「南極大陸」
17.33%(11年TBS系)

第20位「月の恋人~MoonLovers~」
16.76%(10年フジテレビ系)

第21位「BG~身辺警護人~」
15.12%(19年テレビ朝日系)

第22位「アイムホーム」
14.65%(15年テレビ朝日系)

第23位「A LIFE~愛しき人~」
14・52%(17年TBS系)

第24位「グランメゾン東京」
12.7%(20年TBS系)

第25位「安堂ロイドA.I knows Love」
12・56%(13年TBS系)

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

木村拓哉さん主演ドラマ歴代ドラマ25作の平均視聴率20.72%!
今回放送が延期になっているドラマ
「BG~身辺警護人~」シーズン2はどうなるのでしょうか?
楽しみですね。