人気コミック鬼滅の刃

外出自粛で読みだすユーザーも増えて
鬼滅の刃の勢いが止まらない状況です。

スポンサードリンク

鬼滅の刃の発行部数が半端ない!?

新刊20巻をもってシリーズ累計発行部数が6000万部(電子版含む)を
突破することが7日、発表されました。

初版は280万部でシリーズ累計は今年2月時点で4000万部、

昨年5月時点で500万部だったため、
3ヶ月で1.5倍、
1年で12倍と驚異的なペースで売り伸ばし勢いが止まらない。

スポンサードリンク

鬼滅の刃の勢いはいつから?

2019年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、
2020年1月に舞台公演したほか、

10月16日に続編となる劇場版の公開が控えている人気作。

コミックス1巻は16年6月に発売され、
18年6月にテレビアニメ化されることが発表された際の
累計発行部数は11巻までで250万部を超えるくらいでした。

この数字も凄いことですが、
アニメ放送の影響で更に大きく人気に火が付きました。

スポンサードリンク

鬼滅の刃とコロナウイルス感染拡大が関係してる!?

鬼滅の刃の舞台は大正時代!
人喰い鬼の棲む世界が舞台。

炭売りの少年・炭治郎は、
人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、
唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を
人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリーと
なっています。

鬼に噛まれたり、襲われたものは「鬼」へと化す。
治す薬はない、鬼がはびこっていく世界で

それでも炭次郎は禰豆子を人間に
戻すために前に進む

まるで今のコロナ感染と少し似ているところもありますね。

コロナ感染拡大を何とか阻止しようと
国、国民、医療従事者が戦う姿が今の世の中が
少し被ってしまう。

鬼滅の刃のストーリーが少し刺さります。

 

鬼滅の刃をお得に無料で読む方法は?
⇨鬼滅の刃を無料で読む