夏の甲子園中止で球児救済措置のトライアウトはいつ?どこで?注目選手は?

新型コロナウイルス感染の影響で、高校野球史上初となる春夏の甲子園が中止になりました。
これを受けNPB日本野球機構が救済措置を採ることを検討していることがわかりました。

その救済措置がプロ野球史上初の高校球児対象のトライアウト!

ではその高校球児のトライアウトってどんなものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

プロ野球初の高校球児トライアウトとは?

本来トライアウトはプロの世界で戦力外通告を受けた選手が、他球団に自分をアピールし雇ってもらう為の
テストみたいなものになります。

消えつつある選手の命に息を吹き込んであげる雇用試験がトライアウト!

そのトライアウトが夢を絶たれた高校球児に命を吹き込む形で行わるんです。
プロの世界でやってやろうと思っている高校球児にとっては願っても無いチャンス!

俄然モチベーションは上がること間違いありません!

この高校球児対象のトライアウトはプロ野球史上初の試みとあって、注目されるでしょう。

⇨甲子園「ハンカチ王子」の今って!?ハンカチに隠された事実!

スポンサードリンク

トライアウトプランはいつ行われるの?

球児にとって救済案となるトライアウトプランがいつ行われるかが気になるところですが、独自の形で開催されるかもしれない地方大会が終了してからの時期が予想されます。

その時期は2020年今年の秋の予定とされています。

10月にはドラフト会議もありますので、当然その前の段階で行わるでしょう。

詳細はまだ未定ですが、プロ志望届を提出した高校生を対象に合宿形式のトライアウトを検討。

高校球児の救済案として始まったものですが、NPB日本野球機構の狙いは大舞台に強い、より実戦的な選手の発掘を目的としていることが大きいと言えます。

 

実際に、
都道府県レベルで独自の大会が開催されるにしてもプロ12球団のスカウトが観戦できるかは未定ですから、トライアウトプランが実施されればスカウト陣にとっても嬉しいことです。

今回、夏の甲子園中止となって落胆している未来ある球児に向けて「アピールの場は甲子園だけじゃない。」と言えるメッセージではないでしょうか。

 

NPB日本野球機構のこの案は野球界の発展へ、尽力することの証明と言えるでしょう。

 

⇨6月から学校再開!で9月入学制はいつ決まるの!?メリットとデメリットは何があるの?

 

スポンサードリンク

トライアウトはどこで行われるの?

トライアウトプランはどこで開催されるのか?
こちらもまだ詳細は未定です。

関東圏の全天候型球場に招集をかけ、2泊3日前後で合宿をする考えで進めているようです。

そこにはプロのスカウト陣が集結し、試合ではプロ同様、木製バットを使用、そして、複数の試合を開催する考えです。

場所がわかればファンとしては見に行きたいところですが、無観客での開催になりそうですね。

この球児救済案はあくまでもコロナの収束が絶対条件になるという事を、NPB日本野球機構ははなしていますが、高校球児にとってはありがたい救済案ですね。

 

野球見るならやっぱり!
⇨DAZN(ダゾーン)

スポンサードリンク

2020年のドラフト候補ともいえるプロ注目選手は?

いつもなら甲子園の中継で、知ることが多いプロ注目選手。
今回はコロナの影響で甲子園が中止になったことで、情報がかなり少なくなりそうですね。

甲子園は全国放送ということもあって色々な選手が話題となってきたのも事実!
ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手や、元気良く校歌を歌い上げる金足農の吉田輝選手などのように知ることができました。

それが今回の甲子園中止でなくなってしまいましたので、特に注目されている選手を取り上げてみました。

甲子園が無くなり人気急増!
熱闘甲子園 2019 ~第101回大会 48試合完全収録~
 

井上 朋也(花咲徳栄高校)  3年 181cm85kg 右右

通算本塁打47本
遠投 75m
50m走 6.1秒

大阪府四条畷市出身のスラッガーでスーパー一年生と言われた選手

 

西川 僚祐(東海大相模高校)  3年 186cm95kg 右右

通算本塁打 53本
遠投 90m
50m走 6.5秒

名門佐倉シニアの4番バッター ジャイアンカップ決勝では 小山ボーイズのエース仲三河から ライトポール際のホームランを放った 清宮幸太郎以上の逸材 高校通算HR更新に期待がかかる

 

内山 壮真(星稜高校)  3年 172cm72kg 右右

通算本塁打 30本
遠投 110m
50m走 6.3秒

走攻守三拍子揃ったキャッチャーとショートを守る選手

 

来田 涼斗(明石商業高校)  3年 180cm85kg 右左

通算本塁打 14本
遠投 100m
50m走 5.9秒

足があり守備範囲も広く、打撃でも広角に打ててパンチ力も見せる 高校入学時に大阪桐蔭など28校から誘いを受ける

 

中森 俊介(明石商業高校)  3年 181cm80kg

球速 151km/h
遠投 100m
50m走 6.4秒

1年生春に兵庫大会決勝、近畿大会1回戦では大阪桐蔭戦に先発、その後順調に成長し2年までに151キロを記録

 

小林 樹斗(智弁和歌山高校)  3年 182cm86kg 右右

球速 148km/h
遠投 110m
50m走 6.4秒

本格派右腕、2年春のセンバツで140キロ後半のキレの良いストレートが持ち味

 

他にも注目選手は多数いますので独自で開催される可能性のある大会を注目してみてくださいね。

今までは甲子園や地方大会での活躍することで、注目をあびてきましたが、高校球児の救済案「トライアウトプラン」が開催されれば個人の能力が特に影響してくると思います。

ある意味チャンスが広がったと言えるのではないでしょうか。

 

甲子園が無くなり人気急増!
熱闘甲子園 2019 ~第101回大会 48試合完全収録~