夏の甲子園が中止になり、過去の甲子園映像を見る人が増えているようですね。
甲子園というと色々と話題になった選手も多かったですね。

記憶に新しいのが早稲田実業高校のエース「ハンカチ王子」斎藤佑樹投手ではないでしょうか?

そんなハンカチ王子こと斎藤佑樹投手の今をまとめてみました。
さらにハンカチの意外な事実もご紹介します。

スポンサードリンク

甲子園のハンカチ王子の今!

2006年夏、決勝で15回引き分け、翌日の再試合で田中将大(現ヤンキース)擁する駒大苫小牧を破り“伝説”となった、早実の斎藤佑樹投手=現日本ハム。

2006年の夏は“ハンカチ王子”の話題で持ち切りだしたね。

そんな”ハンカチ王子”こと斎藤佑樹投手の現在は?今は?どう過ごしているのでしょうか?

 

ハンカチ王子の当時の本音は・・・

当時は18歳の高校生、甲子園という大舞台で死闘を繰り広げていたわけですが、「ハンカチ王子」と言われていたことについてどう思っていたのでしょうか?

斎藤佑樹投手、本人は気づいていなかった?

「大会中は特に感じなかったんです。終わってからですね、大変なことになっていると分かったのは。人から『ハンカチだ!』って呼ばれるのはイヤなものでしたよ。人を呼ぶ言葉じゃないでしょ? 『ハンカチ』って。使わなきゃ良かったと思ったことだってありますよ、そりゃ」

ハンカチ王子自身は気づいていなかったようですね。
確かに全国制覇、優勝の二文字を求めて戦っているわけですから、知る由もないですね。

しかも、「ハンカチ王子」と言われることに抵抗もあったなんて知らなかったですね。

 

 

関連記事
夏の甲子園中止で球児救済措置のトライアウト!注目選手は?いつ?どこで?

ハンカチ王子の人気は凄い!株価も上げてしまっていた!?

斎藤佑樹投手のタオルで汗を拭う姿は西東京大会の予選から見受けられていました。

そして、西東京大会から使用していた青いハンカチタオルが、甲子園でにわかに脚光を浴びたんですね。

ハンカチ王子が使用していたハンカチは、大阪市・中央区に本社を置く「ニシオ株式会社」が製造元の「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」のロゴが入った縦横25センチのハンカチ。

ただ、この「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」のロゴが入った縦横25センチ前年の9月に生産を終了していたので手に入れることが困難でした。

そして、ハンカチ王子の活躍とともにネット市場で値段が上がり続け、定価400円の25倍の1万円にまで暴騰。

更に、株式市場でハンカチ関連銘柄が買われるなど、社会現象となり広がり続けました。。

凄いですね。
ハンカチ王子の人気は株価まで上げてしまうとは・・・

高校生で株価まで上げてしまう人気を経験した「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手は、今は?現在はどうしているでしょう?

 

ハンカチ王子は今・・・

2019年末に一般女性と結婚をし、背負うものを持っているハンカチ王子!

ところが、
プロ10年目を迎える斎藤佑樹投手がいよいよ崖っぷちに追い詰められているというじゃないですか!

昨年は成績が思うように出せずここ2年間では一軍で1勝もできていない。

2020年はコロナの影響でプロ野球はペナントレースの開幕もかなり出遅れているので、今年の活躍はわかりません。

わかっていることは今季オープン戦初登板となったのが2月24日のDeNA戦で、厚沢和幸ベンチ兼投手コーチから「スピードじゃないんだという、斎藤佑樹が出せる“味のある投球”を求めている」と期待されて送り出されたのですが、

元メジャーのテイラー・オースティンに特大弾を浴びるなど3回4安打3失点で降板し、試合後には栗山英樹監督に二軍降格と告げられてしまったこと。

そして、その後は教育リーグで登板しましたが、結果を出せず。

今年中に結果を残せないとかなり厳しい状況であることです。

でも、結婚をしてからの初めてのシーズンを迎える斎藤佑樹投手違うはず・・・進化することを期待したいですね。

 

関連記事
夏の高校野球「甲子園」中止の理由!どうなるドラフト会議!甲子園の歴史・・・

 

ハンカチ王子は結果は出なくても人気は健在!?

ハンカチ王子は結果は出なくても人気は健在!

結果が出ていない投手には普通人は集まらないものですが、「ハンカチ王子」に限っては、関係がないようです。

ブルペン投球中、斎藤佑樹投手の投球を見守るコーチ陣の姿もあまりなかったのですが、代わりにブルペン周辺に集まったのは、関係者帽子をかぶったゲストの人たちが多数いるんです。

キャンプ地の名護市関係者の話では
「斎藤が投げ始めると、地元の関係者がブルペンに大挙してやってきます。今でも知名度は抜群。なかにはスポンサーさんもいるから、これも重要な役割です。我々も斎藤選手を見られるのはうれしい」

さすがは甲子園の優勝投手、「ハンカチ王子」です。
人を呼び寄せるものは”もっている”んですね。

個人的には結果が出ないなら、きっぱりと見切りをつけて、違う道に行った方が良いように思えます。

甲子園のヒーロー「ハンカチ王子」は魅力もあるし、イケメンなのですから・・・

 

スポンサードリンク

斎藤佑樹投手がハンカチで拭うのには意味があった!?

汗を拭くという理由とともに、優勝候補に勝ったラッキーアイテムという意味合いも強かったみたいですが他にもあったんです。

ハンカチ王子のコメント
「練習の時から、タオルをポケットに入れて拭いていたんですよ。いつものこと。だから周りから何か言われたこともなかったし、言われるなんて考えもしなかった。マウンドで使ったのは初めてだったけど、すごく汗を吸ってくれた。でも、そこがフォーカスされましたよね。あんなことになるとは思いませんでした。」

「アンダーシャツがビショビショにぬれてしまって、腕を振るのに袖がぬれるのは困ると思ったんです。」

甲子園時代の取材時に
「早稲田OBから投手は感情を出したらダメだ!もっと冷静に投球しないと・・・」
と言われたことがあったと明かしており、

そして、気を静めるために
「ハンカチで汗を拭いて、切り替えていた」ともコメントしています。

なるほど!
それで、常に冷静にピッチングができていたんですね。
斎藤佑樹投手のマウンド度胸は凄いものがありましたよね。

野球見るならライブスポーツが一番観られる
DAZN(ダゾーン)

 

スポンサードリンク

ハンカチ王子だけではなかった!早実の話題になった主な選手

大矢明彦/捕手
王貞治/一塁手
荒木大輔/投手
清宮幸太郎/一塁手
重信慎之介/外野手

 

王貞治は世界のホームラン王

 

荒木大輔は「大ちゃんフィーバー」を巻き起こした

 

清宮幸太郎は和製ベーブルースと呼ばれています。

他にもたくさんのプロ野球選手を輩出している早稲田実業ですが、ハンチ王子など話題を沢山提供してくれるのも凄いですね。

 

アニメ見るなら
U-NEXT「鬼滅の刃アニメ」も